コミュニケーション
レシピグルメ(ショップ)料理教室お話ライブ!
中華蕎麦マーヤ
TEL(082)-423-2322
◆今回ご紹介するのは昨年11月、西条駅前にオープンした「中華蕎麦マーヤ」。名古屋で17年、広島つけ麺の専門店を切り盛りしていた蜂須賀文雄さんが、生まれ育った西条にUターンして始めた新店だ。◆「中華蕎麦」(¥750)は、「正油」と「塩」の2種類で、「細麺」「中太麺」を指定できる。ちなみに、夏のイチオシは、あっさりテイストの「塩×細麺」。貝柱・鰹節などの和風だしに、沖縄の塩ぬちまーす・蒲刈の藻塩・ヒマラヤ紅岩塩・ロレーヌ岩塩をブレンドしたこだわりの一杯だ。◆マーヤの特長は、動物系×魚介系のWスープ。豚の膝関節(ゲンコツ)と頭と背ガラ、鶏足(モミジ)を8時間以上炊き上げた動物系スープと、北海道の羅臼昆布、瀬戸内の煮干し、山陰のアゴを一晩水につけた後、弱火でじっくり旨味を引き出した魚介系スープを合わせたもので、大胆かつ繊細な味わい。ひと口すすると魚介の香りが口の中にふわっと広がる。◆食べ盛りの学生たちに大人気なのが、「和え玉」(¥250)。値段から想像して替え玉のような"2杯目の特権"かと思いきや、正油だれベースの完成された油そば(1杯目からオーダー可能)で、刻みチャーシューまでトッピングされている。酢やラー油、残ったラーメンスープをかけての味変もイケるので、是非ご賞味を。◆夏バテ対策にぴったりなのが、名古屋のご当地ラーメンとして定着している「台湾らーめん」(¥800)。自家製辛味噌がクセになる逸品だ。
INFORMATION
住所 東広島市西条岡町3−18
MAP
営業時間 昼11:30〜14:00 夜18:00〜24:00(金・土は25:00迄)※日曜を除く
定休日 月曜日
座席 15席
駐車場 なし

『おとなりどうし』2020.8月号掲載

※インフォメーションの内容は取材当時のものです。
変わっている場合がありますので予めご了承ください。